乾燥肌だと思っていたら実はインナードライだった!べたつきを解消するには?

皆さんの肌はどんな状態ですか?乾燥肌、脂性肌、混合肌など色々あるかと思います。

私自身、中学生くらいからニキビが出来始め、いつもべたついているような状態でした。自分で脂性肌と認識し、ニキビケア用の化粧水を使用していました。年齢がいくにつれてニキビは出来にくくなったのですが、肌のべたつきは相変わらずでした。

化粧水にはさっぱりタイプとしっとりタイプがあることが多いと思うのですが、べたつきが気になる私は迷わずさっぱりタイプをチョイス。洗って化粧水をつけて、時には乳液がべたつきの原因になるような気がして、つけないこともありました。

それでも時間がたてば、すぐにべたつき始めます。毛穴も開き、肌はごわごわ。そしてべたつく。

どうしたらいいかわからなくなり、化粧品カウンターへ行き、相談することにしました。お肌の水分量や油分の量を測りましょうと言われ、計測してもらうことにしました。

結果は極度の乾燥状態だったのです。油分は相当高いだろうと思っていたのですが、それでも平均値を少し上回るくらいでした。年齢と比べ毛穴も開いている状態でした。そこで初めて分かったのが、自分が超がつくほどの乾燥肌だったという事です。

このように、乾燥肌なのにべたつきが気になる人に多いのが「インナードライ」という肌状態だそうです。インナードライとは、肌の内側の水分量が少なく乾いており、肌が水分の蒸発を守ろうと油分を分泌し、必死に肌を守っている状態なのです。

そこですすめられた化粧水が、今まで見向きもしなかった「しっとりタイプ」の物でした。しっかり水分を補い、クリームなどで蓋をしてあげるのが大事なのだそうです。乳液さえも敬遠していた私ですが、一気にクリームを使用するようになりました。

使い続けて1か月経つと、明らかに肌状態に変化がありました。べたつきが気にならなくなったのです。カウンターで計測してもらうと、水分量もあと少しで標準のところまで来ていました。

若い人に多いというインナードライ。べたつきが気になるけれど、どう改善したら良いかわからない!という方は、一度水分量を計測してもらうことをおすすめします。

敏感肌の化粧水を探しているならオススメ⇒アトピー化粧水オージュンヌの効果・口コミ

オイルを化粧水でサンドする簡単オイルスキンケア

2016-10-22_162433

これからの本格的に乾燥がきになる季節にぴったりの簡単に取り入れられて、効果抜群のオイルの使い方をご紹介したいと思います。

用意するものは
・いつもの化粧水
・コットン
・いつもの乳液やクリーム
・植物オイル
だけです。

植物オイルは、目的に応じて選ぶのがオススメですが、できればオーガニックのものを選びましょう。

エイジングケア→アルガンオイル
敏感肌→スイートアーモンドオイル
混合肌→ホホバオイル
美白→ローズヒップオイル

などがオススメです。
妊娠線を消したいなら、まずは小さめの瓶のものを1つ用意してみてください。

使用方法
いつの通りクレンジング・洗顔をした後に行います。

step1 拭き取り

まずはコットンに化粧水をつけ、顔全体の拭き取りを行います。コットンを使うことで、皮膚の表面についている余分な角質を落とし、適度な水分を与えることで次のステップの浸透力をアップできます。もし拭き取り専用の化粧水や、導入化粧水をお持ちの場合はこのタイミングで使用してください。

step2 オイルを塗布する

オイルを手に取り手のひらで温めます。量は手に馴染んでしまう程度で十分です。よく温めて、少しオイルが柔らかくなったら、手のひらで顔を包み込むようにゆっくりと押しながらつけていきます。オイルのついた手でお顔を圧迫し、体温でオイルを新党させていくイメージです。決してこすらず、ゆっくり時間をかけてオイルを浸透させます。

step3 再び化粧水

オイルのベタつきがなくなったら、再度化粧水をつけます。この時は手でつけてもいいですし、コットンでパッティングしても大丈夫です。シートマスクなどを使用される場合はこのタイミングで使用します。

step4 乳液やクリームでお仕上げ

化粧水がしっかり入ったら仕上げに乳液やクリームで蓋をします。

ちょっとした一手間で、お肌のバリアがアップします。乾燥対策早めに始めてみてはいかがでしょうか。

洗顔をもっと楽しくするブラシ「クラリソニック」

毎日洗顔していても毛穴の奥の汚れ全てをきれいに洗顔で落とすのは難しいです。定期的にピーリングなどを行い古い角質を取除いたりすることで毛穴の詰りにくいクリアな肌にしていく事はできますが、ピーリングは肌が赤くなってしまう人もいますので、そんな場合は洗顔ブラシがおすすめです。

洗顔ブラシにも色々な種類がありますが、オススメのブラシがクラリソニックです。

2016-09-22_140709

クラリソニックは、細かい振動で汚れを浮かしながら優しくクレンジングしていく事ができます。落としにくい日焼け止めなどもクラリソニックがあればきれいに洗い流す事ができます。小鼻の毛穴の黒ずみもクラリソニックがあれば目立たなくなっていきます。ブラシは独自の特殊な構造になっていて、このブラシが肌を傷つけることなく優しく汚れを掻きだしてくれます。手で洗顔したときよりもクレンジング力が6倍も高くなるとされています。

ブラシで洗顔することで得られる効果としては、肌の色が明るくなる、毛穴が目立たなくなる、汚れがしっかり落とせるので肌トラブルが起こりにくくなる、などが挙げられます。専用のクレンザーがあるので、そのクレンザーを使用して使うと本当に汚れがきれいに落とせます。

クラリソニックを使うことで、その後に使用する化粧水や美容液などの浸透力もさらに高まるのでとてもおすすめです。毎日使用するのが良いのですが、肌が敏感だったり皮膚が薄い人は、部分的に使用したり週に数回使用するだけでも良いと思います。

使えば使うほどお肌の変化を実感できる洗顔ブラシです。過去に洗顔ブラシは使用したことがありますが、自分でブラシをクルクルしながら洗顔するのが大変でした。クラリソニックなら手で動かさなくても振動してくれるので使いやすいです。是非お試しください。

年齢と共にやってくる肌の劣化なんて怖くない!

2016-08-22_163609

人は年齢と共に色々変わっていくものだと思います。それは精神面や気持ちの部分はもちろんですが、味覚や食べ物の好みなんかも変わる人もいるようです。年を取るという事は、若さを失う事ではありますが、それと引き換えに知恵や思いやりを得る事もできるので、決して嘆く事ではないと思っています。

しかし、しかしです。女性にとって年を取るという事は、肌の劣化を伴うものなのです。どうしようもない事ではありますが、できるならその劣化を止めたい、遅らせたいと思うのが女心です。

私も加齢と共にハリツヤが失われ、ほうれい線という、老け顔の最もたる理由の一つと向き合わなければならなくなりました。そこで、若い頃と同じスキンケア方法では、加齢に立ち向かえない事を悟りました。もちろん、メイクや汚れをしっかり落とすという事や保湿をきちんとする事には変わりありません。この2つは何歳になっても手を抜く事のできないケアです。もちろん、その時々に合わせた美容液やパックなどのスペシャルケアもありますが、今までの基本のケアは化粧水で水分を補う、乳液、そしてクリームで蓋をするというものでした。

しかし、年齢とともに皮脂が失われていくという事を知り、オイル美容液を使ってみる事にしました。たまたまテレビの通販で良さげなもの見つけたので、すぐに購入してみました。それは化粧水の後に使うだけでケアは終了という、とてもシンプルなもので、面倒くさがりの私にはピッタリでした。使い続けていくうちに、肌が吸い付くような感触になり、友人や旦那からも肌を褒められるようになったのです。オイル美容液のおかげで、肌の劣化も怖くなくなり、ツヤツヤ肌の可愛いおばあちゃんを目指す事にきめました。